ホーム > リノベーションの利点 > 自由な間取りに設計できる

自由な間取りに設計できる

毎週のように新聞の折り込みチラシには新築マンションの広告が目につきますが、そこに載っているのは、どれも同じような間取りばかりです。

縦長い居住スペースで、リビングの隣には和室があって、奥にリビングがあって、子ども部屋が1つか2つ用意された、3LDKもしくは4LDK。どのマンションも同じような間取りばかりですが、新築マンションの間取りは基本的に変更はできません。
最近では「間取りが自由に選べる」マンションも多数ありますが、決められた基本パターンから選ぶだけで、ほとんど自由になる部分はありません。ですので、買ったマンションの間取りに自分たちの生活を合わせる工夫をすることになります。

そんなありきたりな間取りの住まいにあなたは満足できるでしょうか? 「狭苦しくて不便な賃貸住まいが嫌で、広くて快適な新築マンションに買ったのに、これじゃあんまり変化がない」と思っている人もいると思います。

そういう方には、中古マンションをリフォームという考え方がきっと合うと思います。そして、そんな方には、部屋の壁や床などすべて取り払い、なにもない一つの箱の状態にし、それから自由に間取りや設備仕様を考えていくスケルトンリフォームという方法をお勧めします。

スケルトンにすることで、自分の好きなように、自由に間取りも考えることができるのです。もちろん、広さや構造に制限はありますが、パターンが決まった新築マンションの間取りよりもずっと自由度が高く快適で、自分のライフスタイルに合った空間がつくれます。型にはまらず、自由で快適な暮らしを手に入れてはいかがでしょう。