ホーム > リノベーションの利点 > 価値が上がるかも

価値が上がるかも

中古マンションをリノベーションすれば、新築よりも快適な住まいを実現できます。さらにリノベーションしたことで、中古マンションの資産価値は上がります。たとえば、築20年の中古マンションを購入し、リノベーションして10年後に売ったとしても、法定耐用年数であと20年は残っています。

その場合、同じマンションのほかの部屋よりも状態はいいですし、快適な間取りや仕様になっていますので、比較的高めに価格を設定して売れやすいでしょう。

リフォームして長く住むことや売ることは、欧米では日常的に行われています。自分の住まいを売却ときに、少しでも資産価値が上がって高く売れるように、自らペンキで壁を塗ったり、外壁をメンテナンスしたりします。

日本でもそういった考えがようやく定着してきたのかもしれません。マンションを資産価値として活用するという観点でも、中古マンションのリノベーションは、賢い考え方の一つといえそうですね。