ホーム > リノベーションの利点 > 場所がよくてリーズナブル

場所がよくてリーズナブル

新築マンションの購入を検討中の方も多いのではないかと思いますが、実際に探されてみてどうですか?場所、仕様、間取り、住み方など、あなたが望むライフスタイルが実現できる満足な新築マンションはありそうでしょうか。

東京都心で利便性を優先すると大規模な再開発が行われた場所や新路線で郊外の物件が多くなると思います。そうすると超高層マンションとなるか、学校や病院などの公共施設が遠い不便な生活となることが多くなります。

もし20年前に開発された場所だったとしたら、駅にも近く生活にも便利な場所がたくさんあると思います。その一番良い場所にから建っているマンションが、「中古マンション」として販売されています。街を見直してみると、意外に良い場所に中古のマンションが立っていませんか?中古マンションは、マンションの一番の条件、立地が優れているのです。

中古マンションのもう一つの魅力はなんと言っても値段の安さではないでしょうか。中には耐震強度に問題があった物件もありましたが、基本的には強度や構造に新築と差はなく確認もできるので問題ありません。

新築マンションは、完成時の価値がいちばん高く、その価値は年数とともに下がります。築10年で当初の価格の約半分になっている場合もあります。つまり、「建物本来の価値」にではなく、「新しさ」にお金を払うというわけです。

新築マンションが高いのは、多大な広告費や売り出し費用、モデルルーム建設費などの経費が上乗せされているのです。

中古マンションは、構造や管理状態をあまり考慮されず、築年数で評価されています。構造や管理状態がよくない築10年のマンションと、構造も管理状態もしっかりいる築20年のマンションでは、後者のほうが安くてお買い得ということもあります。ほとんどの場合リフォーム費用を足しても、新築マンションを買うよりも安くなります。